LIFE LOG(いもムシぼっち紀行)

いもムシぼっち紀行

道産子文系プログラマがあれやこれやと呟きます。

【HIV】HIV検査をおすすめする3つの理由

f:id:imomushi1017:20180519154826p:plain:w500

こんにちは、いもムシ(@imomushi1017)です。

「おいおい前の記事からいきなり内容が変わったな…こいつ大丈夫かよ…」ってタイトルバックするのやめてください(笑)

そうです、先日HIV検査受けてきました。
いもムシなんて名乗ってますが、とは言っても中身は人間なので(笑)、身に覚えのある行為の1つや2つあります。

そこで私の心配性が思う存分発揮され(笑)、「やばいよやばいよ。。。」って出川化しながらビクビクしてたんですが、ちゃんと身の潔白(?)を証明してきました!


f:id:imomushi1017:20180523220155j:plain:w300


そんなわけで、私みたく必要以上に心配しないで済むよう(笑)、
HIV検査をおすすめする理由をまとめました!
受けたことない!って人も是非これを機に受けてみてはいかがでしょうか。

1、HIVについて簡単に

HIVについては、私自身中学の保健か何かで勉強して以来、すっかり忘れていた病気でした。

今回検査を受けると決めてちょっとどころじゃないぐらい焦っていろいろ調べたんですが、意外と忘れていたり「え、そうなの?知らなかった!」ってなったりしたので、まずはHIVってなんなのかさらっと紹介したいと思います。


HIV(Human Immunodeficiency Virus)とは、ヒト免疫不全ウイルスと言って、その名の通り、人の免疫力を無くしてしまうウィルスです。


私もよくわからなくなってたんですが、AIDS(Acquired Immuno-Deficiency Syndrome、後天性免疫不全症候群というのはHIVに感染し(この時点ではAIDSじゃない!)免疫のある状態ではかからない病気を発症した状態のことをAIDSと言います。


HIVの治療法はまだ見つかっていないのですが、医療の進歩のおかげでHIVにかかっていない人と同じぐらい生きられるそうで、「え?!そうなの!?」ってびっくりしました。


そんなHIVですが、主な感染経路は「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」の3つです。(なので空気感染しません)
ちなみに日本の感染経路は「性的感染」がほとんどです。


「もっと詳しく!」って方は↓からどうぞ!
www.hivkensa.com


2、どうやって検査するの?

さて、次はHIVの検査方法を紹介します。HIV感染したとしても自覚症状がないことが多いので、検査を受けないと分かりません。
検査自体は、血液の中にHIVに対する抗体があるかどうかを調べる「抗体検査」です。検査方法は主に次の3つとなります。


*保健所で検査
匿名なのはもちろんのこと、無料で受けられます。HIV検査相談マップ』のサイトでは、自宅近くで検査をしてくれる保健所を一覧で表示してくれるので、便利です。

www.hivkensa.com

ただ保健所だと検査日時が平日の午前中などと限られてきますので、きちんと確認することが必要です!


*病院で検査
病院によっては匿名であったり、そうでなかったりするようなので、予約の際に確認してみるといいと思います。費用ままちまちですが、5,000~10,000円程です。


*検査キットで検査
「え、何それ?」って思った人もいるかもしれないです。注文すると自宅に検査キットが届き、採血したものを送り返すことで後日結果が分かるものです。(検査キットについての詳細は後日記事を書きます)

保健所や病院と違って物理的に人と合うことは避けられますが、名前や住所が必要になってくるので厳密には匿名ではないです。

費用は4000円前後です。(なんか値上がりした気がする…)


3、理由その1:現状の自分を知れる

HIV検査をおすすめする第1の理由は、自分の現状を知れることです。HIVは専用の血液検査を受けないと自覚症状もないので分かりません。
(会社の健康診断でも分からないのでご注意を!)

つまり、『自分がかかっているのか、かかっていないのか』って結局検査を受けないと分からないんです。

けど、それを知る機会があるっていうのはすごく良いことだと思うんですよね!なんでかって、私みたく必要以上に不安になる必要もなくなるし、自分の家族やパートナーへの感染のリスクを無くすことだってできちゃうんですから!

自分の現状を知るためにも、善は急げです!


4、理由その2:匿名でかつ無料

保健所での検査だけに絞られてしまうんですが、匿名でかつ無料で受けられるのもおすすすめする理由です。

匿名・無料で受けられるようになったのには国の政策という経緯もあるのですが、詳しくはこちらをどうぞ。

www.hiv-support.com

「タダで受けられるの!? ラッキー~♪」とか私もアホなこと考えてたんですが、さっきも言ったように自分がかかっているかどうかをはっきりさせることで、二次的感染を無くせるんです。

それに検査自体も年齢に関係無く受けられますし、学生や働けない人など、費用が大きな負担になる方たちにも平等に機会があるのは、とても恵まれていると思います。

ぜひ、これを機会に受けに行きましょう!!


5、理由その3:正しい知識が得られる

湊かなえさんの小説ではAID患者の血液を飲み物に混ぜて生徒に飲ませた~なんてショッキングなシーンがありましたね。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

飲まされた生徒自身は自分が感染していると思い込んでおかしくなったり、クラスメートは偏見を持っていじめに走ったりなどと壮絶な話です。

『実際問題血液が混入したものを飲んだら感染するのか?』って思っていろいろ調べたら、結果『可能性はほぼない』そうです。HIVは液体の中で感染力を保てないから)

さすがにこんなことが現実になる可能性は無さそうですが、ちょっと調べたら分かることですし、HIVについて基本的な知識があれば騒ぎ立てる必要もありません。

でも、日常生活の中でHIVについて勉強する機会ってほとんどないと思います。やっぱり自分が当事者にならないと意識しないですし。
けど、HIVの場合自覚症状が無くても、感染している可能性があるものなので、そうなってからでは遅いんじゃないかと思います。

検査を受けるということは、HIVについての正しい知識を得る良い機会です。そうすれば、HIVに対して偏見を持つこともないはず。

『告白』の登場人物のように慌てふためくことがないよう、正しい知識を身につけましょう!


6、まとめ

ということで、今回はHIVについてまとめてみました!

私自身、保健所での検査には過去2回行ったんですが、毎度の如く空気が死んだようになっていて、「なんだかなぁ~( ^ω^)…」と感じています。

確かにわいわいした雰囲気の中で受けるようなものではないです(汗)それに、HIV「一度かかると治らない病気」=「死」を連想させてしまって「マジやべぇじゃん!怖ッ…」ってびくびくさせちゃう負のイメージもあるし、なんだか話しちゃいけないタブーみたいな存在です。

だからと言って、知らないでいるとありもしない話に惑わされて、正しい判断ができなくなります。それを防ぐためにも、もっと話しやすい環境がどんどん広がっていって欲しいな~と思いながら、今回はこの記事を書きました。長らくお付き合いありがとうございます!

HIV検査~保健所編~』、『HIV検査~検査キット編~』についても後日更新しますので、、更新しましたので、そちらもぜひ参考にして下さい!
それでは :D