LIFE LOG(いもムシぼっち紀行)

いもムシぼっち紀行

道産子文系プログラマがあれやこれやと呟きます。

【実録】HIV検査~検査キット編~

f:id:imomushi1017:20180519154826p:plain:w400

こんにちは、いもムシ(@imomushi1017)です。

前回のHIV検査をおすすめする3つの理由』に引き続き、今回はキットを使用しての検査についてまとめました。

imomushi1017.hatenablog.com

どういうふうにやるのかイマイチよく分からん!って人もこれを参考にしてみてください。


1、注文~到着

検査キット自体はいろんな会社が出してくれています。
よく聞くというか、通販でよく見かけるのは、
『STD研究所』
『ふじメディカル』
『GME医学検査研究所』
です。すんごく安いのもあったりするんですが、私はちょっと心配なので辞めました(笑)

ちなみに、

「検査キットの診断結果って信用できるものなの?なんかヤバくない??」

と思う方もいるかもしれないですが、検査をする会社は自治体の登録を受けている指定検査機関(登録衛生検査所)であるので、ご安心ください。(詳しくはこちら→『郵送検査の信頼性や正確性は?』

私は値段が丁度良かった『さくら検査研究所』の検査キットを注文しました。

www.skr-labo.net


f:id:imomushi1017:20180526120443p:plain:w300

このときは結構安く手に入って2700円だったんですが、今は少し値上がりしているようです。


発送から到着には4日程でしたが、GW前に注文したのもあってか、注文から発送までにやや時間がかかりました(汗)

手元に届くまでトータル10日を要したので、いや~長かったー…。
タイミングさえ悪くなければ2,3日程で届くと思います。


f:id:imomushi1017:20180526121357j:plain:w300

検査キットだとは分からないように梱包されて届くので、実家住みで注文しにくいよ!という人であってもバレずに済むと思います。

お次はいよいよ採血です!


2、採血~郵送

中には以下が入っています。(上から時計回りに)
『検査申込書 記入方法手順書、個人用法取扱い同意書、微量採血の仕方、血液返送袋、検査申込書、返信用封筒』です。

f:id:imomushi1017:20180526115623j:plain:w400


「自分で採血…?」と思うかもしれないですが、手順書見れば簡単です!

f:id:imomushi1017:20180526115633j:plain:w400


採血用の道具は血液返送袋の中に入ってます。消毒綿と絆創膏も入っていて「すげぇ!」ってちょっとビックリしてました(笑)

f:id:imomushi1017:20180526115742j:plain:w300

私は血行良くなってるしいいかなと思ってお風呂上りに採血しました。
採血にはランセットという使い捨ての針を使います。

f:id:imomushi1017:20180526115754j:plain:w300

ランセットの針の部分の保護カバーを取り、消毒した採血箇所に当ててボタンを押すと、針が出て戻ります。

血液が出やすいよう、手を心臓より下の位置にして血液を出し、紙に4箇所垂らします。以上で採血は完了です。

あとは紙を1日程度放置して乾かします。記入した検査票を忘れずに同封し、郵送します。

f:id:imomushi1017:20180526115647j:plain:w300

郵送後は結果を待つのみです。採血時に勇気がいるぐらいで(笑)、とっても簡単だと思います。


3、結果通知

さくら検査研究所では、検体が到着してからおおよそ3営業日ほどで結果通知されます。
さっき上げた『ふじメディカル』『GME医学検査研究所』では最短1日で結果が分かるようなので、「待たされるのは勘弁!」って方はこちらをおすすめします。

あとは、私みたいにGW中に郵送するとえらい時間かかるので、気をつけてください(笑)
私は郵送してから結果通知までに8日かかりました( ^ω^)…。

まず検体が到着すると、オンライン結果通知サイトで到着したと表示され、後日結果が表示されます。

f:id:imomushi1017:20180526120438p:plain:w300
f:id:imomushi1017:20180523220155j:plain:w300

以上で検査は終了となります。おつかれさまでした!
なお、検査結果の通知については、会社によってまちまちだと思いますので、注文の際に確認してみてください。


4、まとめ

ということで、今回は検査キットを使ってのHIV検査についてまとめました。

不安だったことと言えば、誰かにキットを開けられないかってことと、血を抜くときぐらいでした!正直結果見るまでの方が辛かったです(汗)何せ、届くのにも結果分かるのにも、結構時間かかったので…。(発注~結果まで2週間かかりましたんで…。)

とは言え、連休を避けて、結果通知が早いところを選べば、発注から結果まで1週間ほどで済むと思います!値段は4000円程度とそこそこですが、人と会いたくない!という方はぜひ試してみてください。

なお、検査キットは他性病と検査できるものがほとんどですので、そちらも調べたい方は多種項目パックを注文してください。(ただその分値段は高くなります。)

次回は、HIV検査~保健所編~』について紹介したいと思います。
それでは :D